ポップ屋にようこそ!

 

耐候性
1.水性インクジェットプリント耐光性について
水性染料インク
発色性に大変優れ自然な色合いを表現することができますが、耐光性は全く無く直射日光下
だと約1週間で色褪せが見られます。
照射前 18時間照射
窓越し太陽光約3ヶ月相当
36時間照射
窓越し太陽光約6ヶ月相当

水性顔料インク(UV)
高い色安定性があり、直射日光下でも色褪せしにくく照射試験では約2年間の耐光性があり
ます。(掲示場所の環境に大きく左右されますので期間を保証するものではありません)
照射前 72時間照射
窓越し太陽光約1年相当
144時間照射
窓越し太陽光約2年相当

窓越し太陽光のエネルギー値を約0.8mW/cm2とすると、今回のテストで設定した18mW/cm2は
約23倍に相当する。室内の射し込む時間を1日約6時間、晴れの比を25日間と仮定すると、1ヶ
月分の積算照射量は150時間となる。この論拠により、暴露相当時間を算出。
右端の照射後のRGB濃度変化率=数値が大きいほど変化率が大きいことを示しています。
UVラミネート加工を印字面にすることにより耐光性が非常に上がります。
弊社では、水性顔料出力を行います
2.水性インクジェットプリント耐水性について
染料インク・顔料インクとも耐水性は全くありませんので、出力メディア側で耐水性
を補うか、ラミネート加工をする必要があります。
3.溶剤インクジェットプリントについて
長期掲示や屋外掲示などで耐光性をご希望の場合の出力に最適です。白インクの出力も可能なので様々な用途に活用できます。
検索サイトからお越しの方は、こちらをクリックしてください。

ご注文前にお問い合わせください。
もどる

D